2020年07月01日

帽子がなくなった

結構気に入っていた帽子が、旅行先でなくなりました。
車のなかに忘れたっぽい。
もうずいぶん前のことなのですが、その時の帽子をかぶっていた写真が出てきた思い出したというわけ。
あー、この帽子気に入ってたのに、、というね。
でもそこに執着していてもしょうがない、、新しい帽子を買えばいいのだ、同じように気に入ったものがあるといいなー。
ほんと、、あれ、気に入っていたのに、、(まだいうか!)。

他に、あんな何かが無くなって気を落としたことってあまりなくて、、、。
たかが帽子なのに。
今はまた新しい気に入ったものを探す時間を作って楽しもう、って思っています。
帽子もネットは嫌だな、、一度はかぶって鏡で見てみたいし(買う前に)、
かぶり心地、とかね、あるではないですか。そうでしょ?

2020年06月01日

かばってるわけではない

かのメーガンですが、それでも友達はいて、有名なテニス選手とか、
有名な司会者とか、、。
それらの人の話を総合すると、メーガンは性格がいいらしい。

でも、世界中の人から嫌われているし、それもなんとも思っていない。
ただ彼女はバッシングされた自分をかわいそうだと思い、
それを理由に王室を離脱して、アメリカで女優をやりたかったのだ。

性格がいい、とはもういえない。
王室の事をまったく考えていないしね、いたとしても、そうとれる行動をまったくしていない。
ヘンリーを手玉にとっているだけ。
妹がいうように、彼女は人を押しのけて有名に、そしてお金稼火がしたいのだ。

あのあたりになると、「もっと上にいきたい」と思うものなんだろうなー、
自分では気づかなくてもね、だから、本当に気づかないでやってるんだと思うよ。

、、、そう思う。そう思いたい。

2020年05月01日

ミエだけの生活なんて

セレブがよく言うのですが、セレブ、しかも成り上がりのセレブの生活ってミエばかり。
ミエはって生きてるだけで、本当は相当疲れているのです。
でもそこだってミエで言えないから「私って素敵でしょ」アピールすることで負けを認めない。
そもそもミエはって疲れてるってことすら気づいてない。

本当のセレブは疲れない。
だってそれがありのままの生活だから。

なにかで呼んだのですが、セレブに憧れて、セレブと結婚してミエだからけの生活を送っていたけれどの、そこから脱却したら人生が見違えるほど明るく、そして楽しく楽なものになったんですって。
本来の姿ですもんね。
その方が楽に決まってます。
それで成り上がりセレブになりたい人がやまほどいる。
気づいていない。
その人がそれでシアワセならばいいと思います。
誰かがなにかを言うことなんて出来ない。
でも見てて「痛い」人もいるから、見てて苦しいから、、、
言いたくなるのですよ。
無理せずいきませんか?
セレブって疲れますよーー。

2020年04月01日

外食の朝

朝から外食、、って思うとすごいけど、実はあ朝ごはんを家で食べずに
スタバとかで何か買って食べる、ってのも、外食、なんですよね。

シンガポールは、家でなにか作るよりも外食の方が盛んで、しかも安い。
たくさん安くて美味しいお店があるので全く困らないんです。

朝ごはんから毎日外食、なんてたくさんいる、、というか、ほとんどの人がそうだって聞きます。
どんなものを食べているのか、、。
蚊やトースト。
トーストに独特なにおいのするものとか、ハニーとかをはぁさんであるもので、
これが美味しいんですよ。でも、、、毎日これ食べていたら太りそう。
シンガポールの人って太ってないのはどうしてだろうねー?

そんな感じで、1日3回外食、家族誰もが、、ってのも多い。
お金かかるけどね、そして健康的ではないけど、でも、多い。
もし自分がシンガポールに住むことになったら、高くてもいいから自分で作りたい。
やはり健康にはかえられないから。
とはいえ、安くて美味しかったら週に何回かは買って食べますよ笑
それが癖にならないようにしなくちゃ!!

2020年03月01日

中国残留孤児

よのなかには「残留孤児」という名称の子供がいて、
血筋は日本なのに中国などで育ったために日本語を知らず、
そのまま成長していく人のことですが、

なかには親戚をたらいまわしにされ、公園で電化製品を拾って家に持ち帰り使う、のような生活を、当たり前にしてた子もいます。
でもこれってまだましなほうかも。

親が日本に帰るときに子供を泣く泣く置いていく、、、これが残留孤児ですが、
そのままなにも知らずに過ごした方がシアワセなケースも。。
知ってしまい、日本に行きたくなったり、親が連れ戻しにきたりするから、
その子の人生がおかしくなっていくのだ。

中国の養父母だって手放したくはないだろうし。

すべては戦争が悪いのです。
一般人は後世になってもこうして苦しむのだ。

自分はシアワセだったなー、と思うけど、そのシアワセは当たり前ではないんだって思う事にして、シアワセならそのシアワセをかみしめながら生きていこうと思います。

真面目な話になってしまった。。笑

2020年02月01日

葉っぱのなかは暖かい

狸が葉っぱに埋もれて過ごしているという話題があって、なんだかほんわかしました。
いやね、寒いからそうしているんでしょうけど、、
そして、寒いっていうのは何もほんわかしないのですが笑

でも狸がそういうことをするっていうのが微笑ましくて。

その写真もあって、葉っぱといっても、秋のもので紅葉してて、とってもキレイでした。
そこに狸が頭だけちょこんと出してるの、かわいい!
待ち受け画面にしたい、などの、それを見た人からのコメントもあるんですって!
分かる気がします。
でも見てると、、ほんわかはしますが、はやり寒いので、
私はハワイのような明るいものにしまーす(笑)。
ただ本当にかわいいです。

本来は、エサを探すために地面を貼っているのですが、その修正を利用して、落ち葉のなかにエサをおいたことから始まった、とみられています。
(動物園が投稿したらしいので)
でもこれがたいへん人気になって、ガイコクからもお客さんが来るようになったとかです。

かわいいものに人は集まるのですね。
そういえば、温泉につかるサルも長年すごい人気ですもんねー。

2020年01月01日

新年おめでとうございます。

去年、10月の終わりに、女優の八千草さんがお亡くなりになりました。
新年そうそうこんな話題で申し訳ありません、でも、私と私の家族は彼女の事が大好きでした、
昭和が終わり、平成も終わり、今は令和。
こうして素敵な女優さんがなくなっていくのも当然な年付きの流れなのですが、
今年も元気にいきたいと思います^^!

こうして大好きな昭和のスターがお亡くなりになっていくのですが、
逆に、今の時代にスタート飛ばれている人たちの成長も見ているのです。

幸せなことです。
そう思わないとやってられません。

思えばいろいろな人が亡くなっていきましたね。。。

あ、新年なので暗い話はやめよう(笑)。
明るい、未来のスターの話をしましょうか!
といっても、今のスターが誰なのかよく分かっていないのですが、、汗

後世に語り継がれるようなスターっていうと、誰になるんでしょうねー。
ジャニーズもなんだかよく分からないし。

あ、また暗くなってしまった!
期待しましょう^^!

「期待」・・・これが今年の文字だーー!

2019年12月01日

そろそろ予約を・・・

2か月先の旅先でのホテルの予約を、そろそろしなくちゃな、って思ってるのに、気が進まず、、、。
でも本当にそろそろしとかなくちゃ、安くていいところはすでにないかもしれない。
今日、帰ったらやろう(!!)。

どうしてこんなに気が進まないかって、行きたくないわけじゃないんです。
そこの土地の事が分からないから、立地とか、設備とかを全部把握しなくちゃいけない、予約はそこからなんです。
これが面倒で・・・汗
誰か教えてくれ、って感じです。
どこをとったら歩くのに便利か、などをね、考えなくちゃいけないのです。とほほ。

ホテルの予約なんてすぐに出来る。
分かってるところなら一瞬でできる。

分かっていなくても、ランドマークがあって、そこから何分って今は出るので、それでだいたい検討はつく。
でも今回のところは、止まりたいところはこのあたり、
行くところはここと、ここと、あそこ、、、
全部にとって「都合がいいのはどこか、なのだ。
そんな都合のいいところはない?
そんななかでもいいところ探したいのです(笑)!だから面倒なの。
足が痛いのであまり歩きたくないしね。
いろいろあるのです、とほほ。

2019年11月01日

駐車場事情

時々行く街の、路上駐車は、「xx分まで無料」というものが多くて、
それが30分だと、本当に近くのお店にしかいけないし、
ゆっくり買い物へもいけない。
30分って、、、銀行でお金おろして終わり、みたいなノリです。
せめて1時間ほしいなー。

なかには2時間まで無料というろころもあって、そこに運よく留めても、
街まで遠くてそこで時間がかかってしまう。
うまくできてますね。

でもこういうところがあるだけまだましで、路上は絶対ダメで駐車場と言えば有料、しかない町も日本には多い。
有料の駐車場に車をとめて買い物に行くならバスでゆっくりいったほうがいいとさえ思ってしまう。

駐車場の考えを替えたら経済はもっと動くのではないかなー。
東京のど真ん中じゃ無理でしょうけど。

でも車社会で動いている田舎者は、駐車場の有無で買い物意欲が沸いたりうせたりしますので、駐車場を考えたら買い物してくれる人が増えるのも事実なんですよーー。
考えてみませんかーー?大型スーパーのオーナーさーーん!笑

車で買い物に行きたいからこんなこと言ってるだけなんだけどね。

2019年10月01日

無断キャンセル

オンラインを使った会議、相談ごとで時間を作って、その時間にスタンバイしてるのに、
無断キャンセル、、、。
あり得ないけど、過去にたくさんあったので、あり得る。
というか、、比率的には多い。
無断でなんとか、ってのが出来ないタチだし、なんらかの理由でしたとしたら
(あり得ない!)
あとでキチン6と謝ります。
でも謝らず、そのあとは無視、、、これもよくある。
後ろめたいと思っているからこそ虫、、でしょ?
本当にあり得ない。でもある。

自分はそっち側に行きたくない。
約束は守るし、謝ります。
そんな人間でいたいと思う(っていうか、当たり前!)。

無断キャンセルは友人同士の間側でも「あり得ない」。
なんらかのどうしようもない理由があったら、ちゃんとそう言ってくれたら問題ない。
もしくは、それをしても平然としてるとか、、こんなのもう地獄。
友人やめます。きっぱりと。
てなことで、今日も無断キャンセルがありました、、、仕事がらみで。
あり得ないけどね、、、しょうがないのだ。
しょうがないって思えるようになるくらい、多いの。
立場が弱い?
いえいえ、同等です。
明日の相手の出方が楽しみだ、、、てか、何もないだろう、、、。
悲しいがこれが現実だ。あーあ。

カテゴリー

Powered by
Movable Type 3.38